スポンサーサイト

--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

めがねと犬と知らないおじさん。

2009/05/16 12:50 





glasses

6代目?かな




先日新しいめがねを買いました。
まったくよく壊すので、いつもどうりあわててお店にかけこむ始末です。

原因はぽいっとそこらに置いてしまって夫に踏みつぶされたり
めがねをかけたまま眠ってしまうことにあります。

それでもめがねが無いと、世界がぼんやりしてしまいますし
車の運転や家の掃除にどうしても必要なのです。


ド近眼なうえにひどい乱視の目をもつ私ですが
めがねをかける鬱陶しさから、運転しないお出かけの時は
ぼんやり見える程度でじゅうぶんと思っていました。
あの日までは。



近くのスーパーへ買い物に歩いてでかけた時のことでした。
もちろんめがねをかけずに。

入り口前の広い駐輪場に私のヒザ上くらいの高さの
うす茶色をした大きなかげがぼんやり見えました。

私はそれをラブラドールレトリバーだと判断し
(きっと買い物中のご主人さまを待っているんだわ!)と。
そして両手を広げて「どしたの~?」と言いながら近づいていったんです。

今にも撫でる勢いで近づいていく途中、私は異変に気がつきました。

「どしたの~?」と近づく私に反応し、こちらを振り返ったのは
ラブラドールではなくて知らないおじさんだったんです!

ありえないでしょう?
ラブラドールとおじさんを見間違えるなんて!

そのおじさんはうす茶色のチノパンを履いていて
何か落し物を探すような格好で私に背をむけてしゃがんでいたんですね。

その大きなおしりと足を、私は犬だと思い込んだのです。

あわれな私は広げた両手をいそいでひっこませて
その場を立ち去るしかありません。

恥ずかしすぎてその後どうしたのかあんまり憶えていないのですが
今思うと、そのおじさんもかなりびっくりしたんでしょうね。

いきなり知らない子が、向こうから両手を広げて
満面の笑みで「どしたの~?」と言いながら近づいてくるんですから。
こわかったでしょうね^^

この日以来、私の為にもほかの人の為にも^^どんな時でも
めがねをかけるようにしています。

この見間違いは今まででいちばんヒドイものでしたが
撫でるまえに気がついて良かったと思うようにしています^^
ああ 今思い出してもハズカシイ!!


最後までおつきあいありがとうございました。


+  +  +  +  +  +  +

訪問ありがとうございます。またお越し下さいね^^





スポンサーサイト

note | Top ▲

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。